ここから本文です

16歳遺体、少年2人家裁送致=傷害致死の非行内容―さいたま地検

時事通信 9月14日(水)16時11分配信

 埼玉県東松山市の都幾川河川敷で同県吉見町の井上翼さん(16)の遺体が発見され、少年5人が殺人容疑で逮捕された事件で、さいたま地検は14日、傷害致死の非行内容で、無職少年(16)と中学3年の男子生徒(15)をさいたま家裁に送致した。

 地検は殺意の立証は困難と判断したもようだ。

 家裁は同日、2人を2週間の観護措置とすることを決定。残る3少年については、勾留期限の15日に地検が家裁送致するとみられる。

 井上さんの遺体は8月23日朝、下半身が砂利に埋まった状態で発見された。県警は同25日、出頭した無職少年を殺人容疑で逮捕し、翌26日に男子中学生ら14~17歳の少年4人を同容疑で逮捕した。

 捜査関係者によると、少年のうち4人は逮捕時に殺人容疑を認め、残る1人も暴行への関与を認めた。しかしその後の調べで、いずれも暴行は認める一方で殺意は否認するなど、供述が変遷していた。県警は少年らを現場に立ち会わせるなどして、慎重に裏付けを進めてきた。 

最終更新:9月14日(水)18時50分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。