ここから本文です

木村と山田、競泳で銅=カヌーの瀬立、決勝進出〔パラリンピック〕

時事通信 9月14日(水)16時19分配信

 【リオデジャネイロ時事】リオデジャネイロ・パラリンピック第7日の13日、競泳男子100メートル平泳ぎ(視覚障害)の木村敬一(東京ガス)と、同50メートル自由形(運動機能障害)の山田拓朗(NTTドコモ)が銅メダルを獲得した。日本の獲得メダルは銀4、銅7となった。車いすテニス男子シングルス準々決勝では、国枝慎吾(ユニクロ)がベルギー選手に敗れて3連覇を逃した。
 国枝は斎田悟司(シグマクシス)と組んだダブルス準決勝でも英国ペアに敗れ、3位決定戦に回った。三木拓也(トヨタ自動車)真田卓(フリー)組との日本勢対決となる。女子シングルス準決勝は、上地結衣(エイベックス)がオランダ選手に競り負け、3位決定戦へ。二條実穂(シグマクシス)と組んだダブルス3位決定戦では、英国ペアに敗れた。
 第8日の14日は、カヌー女子カヤックシングル(運動機能障害)の予選、準決勝が行われ、18歳の瀬立モニカ(筑波大)が15日の決勝に進んだ。 

最終更新:9月14日(水)23時14分

時事通信