ここから本文です

東京五輪世代の“今” U19日本代表を引っ張る三好康児

スポニチアネックス 9月14日(水)12時52分配信

 リオ五輪で日本は1勝1分け1敗、1次リーグ敗退に終わった。4年後の東京五輪は開催国として予選免除で出場できるが、「メダル」が絶対的な目標だ。ベースとなるU―19日本代表は、W杯最終予選の第1、2戦が行われていた9月上旬、フランスへ遠征、フランスやUAEと対戦した。

 注目は川崎FのMF三好康児(19)だ。フランス遠征でも3試合で2得点、FWもMFもこなした。Jリーグでも今季2試合に先発し、2得点をマークしている。「フランスは欧州のU―19の大会で優勝したし、ボールを持って、揺さぶってくるチーム、崩しもレベルが高かった。個人としてはゴールも決めたし、いいイメージで終われた」三好はこう振り返った。

 ボール扱いがうまく、キック、トラップ、ドリブルなど、この年代ではトップクラス。U―15から年代別の代表入りして国際試合の経験も豊富だ。

 「学年が一番上なので、チームを引っ張っていきたい。プレーで示していければと、思っている。フランスはみんなフィジカルが強く、大人みたいで1人1人が余裕を持っていた。自分の出し方もうまいし、スピードもある。でも、やれないことない。ドリブルは通用したし、五輪へ向けてアピールできた」

 川崎Fのアカデミーの1期生で、DF板倉とともに昨年、トップに昇格した。兄と姉がサッカーをしていて、小学校に入ると自然にボールを蹴り始めた。多摩川の河川敷で友人とボールを蹴って遊び、ロベルト・カルロスを目標にテクニックを磨いた。小3の時に東京Vのスクールに入部、小5の時に川崎Fのアカデミーに入り、プロにのぼり詰めた。

 東京五輪は大きな目標で、Jリーグで実績を積んで、何としても目指したいところだ。三好は「その前に、まずはU―20W杯の予選がある。4大会も出場できていないし」と、言う。この世代の健闘が、日本のサッカーの将来を左右することになりそうだ。(記者コラム・大西 純一)

最終更新:9月14日(水)12時52分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]