ここから本文です

国枝慎吾、ストレート負けで準々決勝敗退…パラリンピック3連覇ならず

スポーツナビ 9月14日(水)1時53分配信

 リオデジャネイロパラリンピックの車いすテニスは現地時間13日、男子シングルス準々決勝が行われ、国枝慎吾(ユニクロ)は第2シードのヨアキム・ジェラール(ベルギー)に0-2(3-6、3-6)で敗れ、パラリンピック3連覇を逃した。

 時折、突風により試合が中断されるなど、風の強い中、第1セットはファーストサーブが52%、勝負所でのダブルフォールトも4つと精彩を欠き3-6で落とすと、巧みなチェアワークと最速152キロのサーブを武器にするジェラールを止められず、第2セットも落としストレート負け。準々決勝で敗退となった。

最終更新:9月14日(水)3時27分

スポーツナビ