ここから本文です

なぜ? イチローの歴代安打順位を巡り球団公式25位とMLB公式24位とズレ発生の理由とは

スポーツ報知 9月14日(水)11時1分配信

 マーリンズのイチロー外野手(42)が12日(日本時間13日)、敵地のブレーブス戦に「2番・左翼」で先発出場し5打数3安打1打点。メジャー通算3025安打として米野球殿堂入りのルー・ブロックを抜いて歴代単独24位(MLB.comによる)となった。米国の歴代安打順位は、出典により異なっている。その理由を紐解いた。

 マーリンズはイチローの3025安打を歴代25位とした。一方、MLBの公式サイト(MLB.com)は歴代単独24位。なぜズレが生じたのか?

 メジャーでは19世紀の成績が整備されておらず、各記録サイトでも数字が違っているのが理由だ。今回は、通算3000安打第1号のキャップ・アンソンの安打数の違いがイチローの順位に影響した。

 「ベースボール・リファレンス」は、ナショナル・アソシエーション(リーグ)時代も含めており3435本。

 また、メジャーで1シーズンだけ四球を安打とカウントした1887年を加えている「エライアス社」の数字を使うマーリンズの球団発表は3081本と約350安打のズレが発生している。

 そしてMLB.comのキャップ・アンソンの安打数は3011本。スポーツ報知ではMLB.comの数字を採用している。

最終更新:9月14日(水)15時32分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)