ここから本文です

深田晃司自ら手がけた小説版「淵に立つ」発売、ラストは映画と異なる結末

映画ナタリー 9月14日(水)21時55分配信

第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の小説版が、明日9月15日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

深田晃司が監督を務めた「淵に立つ」は、下町で金属加工業を営む夫婦のもとに突然1人の男が現れたことで、それぞれの秘密があぶり出されていくさまを描いた人間ドラマ。浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀らが出演した。深田自ら執筆した小説版のラストは、映画版とは異なる結末になっている。

映画「淵に立つ」は、10月8日より東京・有楽町スバル座ほか全国でロードショー。

最終更新:9月14日(水)21時55分

映画ナタリー