ここから本文です

オリックス ドラ1吉田正が2発含む3安打6打点

デイリースポーツ 9月14日(水)21時34分配信

 「日本ハム1-11オリックス」(14日、札幌ドーム)

 オリックスが連敗を2で止めた。先発・松葉は6回5安打1失点で6勝目(9敗)。

 初回、ドラフト1位新人・吉田正の左越え8号2ランと園部の左前適時打で3点を先制。三回も園部の2点二塁打と若月の適時打で3点を追加。

 六回は吉田正の適時打と捕逸。七回は吉田正が3番手・斎藤佑から、この日2本目となる9号3ランを右中間席へ放った。

 吉田正は3安打6打点。「(初回の先制弾は)しっかり振れたので伸びてくれと思った。(七回の2発目は)初球からいいスイングができたのでいい打球だった。(8月の1軍復帰以降に9本塁打の活躍)今はケガなくトレーニングを積みながらゲームに臨んでいる。少しでもチームに貢献できるように毎日必死にやってます」などと語った。

 日本ハムは首位から陥落。先発・有原が5回0/3、14安打8失点で9敗目(10勝)を喫した。0-6の四回はレアードの適時打で1点。

最終更新:9月14日(水)21時58分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。