ここから本文です

U-NEXT、人工知能でコンタクトセンターの自動応答を行なう「AIコンシェルジュ」

Impress Watch 9月14日(水)18時8分配信

 株式会社U-NEXTマーケティングと株式会社アドバンスト・メディアは、両社の協業および、人工知能を活用した自動応答コンタクトセンターサービス「AIコンシェルジュ」の提供開始を発表した。

 AIコンシェルジュは、コンタクトセンターにおける問い合わせや受注申し込み、販売などの業務を人工知能により対応するサービス。

 動作としては、ユーザーからの問い合わせに対し、アドバンスト・メディアの持つ音声認識エンジンと対話エンジンで、ユーザーの話した言葉の意図を認識および理解を行なう。その内容に対し、業務毎に構築したFAQや蓄積した応対データベースから適切な回答を抽出し、合成音声で応答するというもの。

 幅広い業種・業態において活用でき、有人による応対量、応対時間削減を推進し、コンタクトセンターの効率的な運営に寄与するとしている。

 今後、相談受付や介護など有人コミュニケーションに近い高品質なサービスを目指すと共に、電話での自動対応だけでなく、Webブラウザやチャットボット、スマートアプリ(バーチャルキャラクター)など、多種多様な自動サービスの実現を行なっていくとする。

 都内で開催された記者発表会には、株式会社U-NEXT取締役NEXT事業本部長の堤天心氏、同社子会社の株式会社U-NEXTマーケティング 代表取締役社長の渡辺和広氏、株式会社アドバンスト・メディア 代表取締役会長兼社長の鈴木清幸氏、同社応用技術開発部SEC営業部長の森脇健氏が登壇。サービスの詳細などについて説明を行なった。

 溝辺氏は、コンタクトセンターの市場規模は微増ながら拡大を続けると予測されているが、現状、各企業が応対品質の向上や待ち時間削減、深夜対応、多言語対応などの問題を抱えている中、労働人口減少などに伴う人件費の上昇や、効率、品質の向上も限界を迎えており、有人オペレータに依存した運営では、それら問題の解決方法がないと説明。

 一方、AIコンセルジュであれば、24時間365日の対応や、英語や中国語など多言語での対応などが可能だとアピールし、ユーザーにとっても、従来の音声ガイダンスなどと異なり、長い案内を聴く必要なく、要件を言えばすぐに案内を受けられるなど、品質向上に繋がるとした。

 価格面でも戦略的な設定をしていると述べた同氏は、オペレーター4名を日中時間に配置した場合、月額120万円以上の運営費となるが、AIコンシェルジュであれば、4回線で月額50万円からと大幅なコストダウンに繋がり、回線単位での契約のため、24時間365日営業でも同じコストで運営できるとした。

 森脇氏は、アドバンスト・メディアは長年に渡り音声認識を手がけおり、音声対話技術について日本随一のノウハウを持っているとアピールし、音声認識技術「AmiVoice」とAI対話エンジン「AOI」を組み合わせた「AmiAgent」を今回のAIコンセルジュで利用していると述べた。

 同社の開発している、AIエージェントを利用したスマートフォンアプリで音声対話のデモが披露された際は、「タクシーの予約変更したいんだけど」と自然な口語で話しかけており、文頭に「えーっと」などの意味を持たない音声が入っていても問題なく認識していた。

 また、文章内容からキーワードを抽出、認識することで、旅行先の天気情報を提供するといった動作も行なってみせた。

 森脇氏はAI音声対話システムを実際に事業で利用するには、実業務の「稼働データ」が不可欠であるとして、U-NEXTマーケティングと深く提携することでこれを達成すると述べた。

 堤氏は、まずはU-NEXTのカスタマーセンターに導入を行ない、実際に運用して実績を作っていくと述べ、2017年に30社、2021年までに400社への導入を目指し、年間40億円規模の事業へと拡大したいとした。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:9月15日(木)11時45分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]