ここから本文です

「リンダ リンダ リンダ」「キッズ・リターン」など青春映画5本を和歌山で野外上映

映画ナタリー 9月14日(水)22時38分配信

Kisssh-Kissssssh(きしゅーきしゅー)映画祭 2016が9月17日、18日に和歌山・加太にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

今年で4度目の開催となる本映画祭。メイン会場である加太北の浜公園では、同映画祭がセレクトした青春映画5本の野外上映を行う。松本花奈とthe peggiesがタッグを組んだ「脱脱脱脱17」、東京学生映画祭で2度グランプリを獲得した中村祐太郎の監督作「Early Summer」ほか、「スタンド・バイ・ミー」「リンダ リンダ リンダ」「キッズ・リターン」がラインナップされた。

また、約100作品の応募の中からコンペティションで選ばれた自主制作映画10本の上映も。加えてMOOSIC LAB 2016からの招待作品として、「夜、逃げる」「光と禿」「愛のマーチ」がスクリーンにかけられる。

現在Peatixにて前売り券が販売中。チケットの詳細は映画祭の公式サイトでご確認を。

Kisssh-Kissssssh 映画祭 2016
2016年9月17日(土)~18日(日)和歌山県 加太北の浜公園ほか
<上映作品>
「脱脱脱脱17」
「Early Summer」
「スタンド・バイ・ミー」
「リンダ リンダ リンダ」
「キッズ・リターン」
「夜、逃げる」
「光と禿」
「愛のマーチ」ほか
料金:1日券 2500円 / 前売り1日券 2200円ほか

最終更新:9月14日(水)22時38分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。