ここから本文です

「田中先生の『冤罪』晴らしていく」自民・二階幹事長

朝日新聞デジタル 9月14日(水)20時55分配信

■二階俊博・自民党幹事長

 初当選の頃から田中派だ。今、田中(角栄)先生がこの世にいないことを残念がる人があちこちにいる。私は半分はうれしいが、半分は、それだったらご健在の時にもうちょっと声を出してくれたらどうなの。袋だたきにあうような調子で、「何か悪いことがあったら田中角栄だ」と。本当に我々、腹の中ではおさまらないものを持っている。「冤罪(えんざい)」を晴らしていくために、田中ファンの人は協力し合おうではありませんか。(石井一・元参院議員による田中氏をテーマにした書籍の出版記念パーティーで)

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)20時55分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。