ここから本文です

林遣都、ギャップ狙ってるのにモテない!?「にがくてあまい」舞台挨拶で嘆く

映画ナタリー 9月14日(水)23時15分配信

本日9月14日、「にがくてあまい」の大ヒット御礼“男祭り”舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 新宿にて開催され、キャストの林遣都、淵上泰史、中野英雄、監督の草野翔吾が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

小林ユミヲの同名マンガを実写化した本作は、仕事はできるが私生活はだらしなく野菜嫌いの独身女性・江田マキと、料理好きの菜食主義者でゲイの片山渚が繰り広げる奇妙な共同生活を描くラブコメディ。マキを川口春奈が、渚を林が演じた。淵上や中野のほか、真剣佑、桜田ひより、石野真子も出演している。

登壇者が全員男性でそろえられたこのイベントにて林は、客席の女性ファンを見ながら「お客さんも全員男なのかなと思ってたんです。話題がきわどいところにいかないようにしないと」とコメント。続いて淵上、中野、草野が順番に「こんばんは、真剣佑です」「真剣佑ですー」「……真剣佑です」と挨拶し、会場に爆笑を起こした。

そんな真剣佑は、本作で渚が好意を寄せる体育教師・馬場を演じている。林は真剣佑との撮影を「彼自身すっごいピュアで、純粋な馬場先生を作ってくれた。だから僕はそれにアタックするのみだっていう、獲物を狩るような気持ちでいました」と振り返る。

渚の元同居人・アラタ役を務めた淵上は、クランクインの日に林とのキスシーンを撮影したそうで「前の日は臭いものを食べず、その日は歯を磨いてキシリトールのガム噛んでました」と告白。草野はそれが初めて撮るキスシーンだったと話し「すごく気合いを入れてました。本編で使ってる分の5倍、6倍の時間は撮ってます。いろんなキスをしてもらうよう淵上さんだけにこっそりお願いした」と裏話を明かす。林が「僕はもう……放心状態でした! どんな感じなのかなと思ってたら、テスト始まった瞬間、かぶりつかれる感じで(笑)。女性の気持ちになりました」と言うと、淵上は「僕はもう林くんが女性だと思ってキスしてましたね」「でも僕の頭には林くんのファンがチラついてました(笑)」と回想した。

林が今までもゲイの役をやったことがあると話すと、中野がふいに「うらやましい」と一言。また「でもいつも受け身の役というか……」という林の言葉に、中野はなぜか「あー、わかる」とうなずく。さらに「中野さんはどうですか?」と話を振られると、「僕はないですよ、人殺しの役ばっかりです!」と発言して笑いを誘った。

ここで中野が、「監督が女だったら、この2人(林と淵上)のどっちに行きますか?」と尋ねる。草野が「うーん……淵上くんかなあ……」と答えると、中野は「俺も。色気がある。欲しくなるんだよなあ」と相槌を打った後、林を指さし「お前は俺の息子(太賀)の友達だから駄目だ!(笑)」と厳しく言い放つ。2人の回答を受け、林は「女性に本当にモテないんですよ。実は10代くらいからギャップを狙ってるんですけど……。若いのに落ち着いていてモテる友達がいたから、まねしてたんですけど全然ダメで。春奈ちゃんにも『ただただ、近寄りがたい』って言われました」と嘆いた。

イベントの締めくくりには、林が「マンガを原作にした映画もいろいろあると思うのですが、ほかの作品とは全然違うので、そういう意味でも面白いと思います。たくさんの人に観ていただけたら」と、草野が「マキと渚の関係の中では、恋愛だけではなく家族愛であったり、2人だけの愛の形が描かれています。幅広い層の方に楽しんでいただける映画になっていると思います!」とアピールした。



(c)2016映画「にがくてあまい」製作委員会

最終更新:9月14日(水)23時15分

映画ナタリー