ここから本文です

文科相、新国立の建設予定地を視察 「順調に進み安心」

朝日新聞デジタル 9月14日(水)21時45分配信

 12月の本体工事着工を目指して周辺工事が行われている新国立競技場の建設予定地(東京都新宿区、渋谷区)を14日、松野博一文科相が視察した。更地となり雑草の生え茂った予定地の外周を歩いて工事の進み具合を確認し、「着工がずれると完成時期もずれる。順調に進んでいると聞いて安心した」と語った。2020年東京五輪のメイン会場となる新国立は19年11月完成予定。週6日のペースで工事を進めるという。

【写真】更地となっている新国立競技場の建設予定地の外周は雑草が生い茂っていた。手前は文科相視察のために用意された完成後の予想図=14日午後、東京都新宿区、仙波理撮影

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)21時45分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。