ここから本文です

【ローズS】骨折明けジュエラー5馬身先着!仕上がり良好

スポーツ報知 9月14日(水)13時15分配信

◆ローズS・G2追い切り(14日)

 秋華賞トライアル、ローズS・G2(18日、阪神・芝1800メートル)へ向けて、桜花賞馬のジュエラー(牝3歳、栗東・藤岡厩舎)が14日、栗東トレセンのDPコースで追い切りを行った。

 クルークハイト(2歳未勝利)の内を5馬身追走。直線に入るとグンと加速して、あっさり馬体を並べた。そのまま前へ出て、最後は鞍上が促すと、1馬身半先着した。「直線の反応を見て、追うかどうかを考えようと思っていましたが、すごく良かったので、あれ以上やる必要はなかったです。追い切りはいつも通り動きますし、普段の運動とか、角馬場での落ち着きがいいです。もともと大きい馬(桜花賞時494キロ)ですが、多少大きくなっているし、少し幅が出たかもしれません」と仲田助手。骨折による休養で桜花賞以来5か月ぶりの復帰戦になるが、心身の成長にも手応えを感じている。

最終更新:9月14日(水)18時4分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]