ここから本文です

「京都のドカベン」京都翔英・石原らがプロ志望届

日刊スポーツ 9月14日(水)17時43分配信

 今夏の甲子園に出場した「京都のドカベン」こと京都翔英・石原彪捕手、今夏の甲子園で最速147キロをマークした右腕、近江(滋賀)京山将弥投手らが14日、プロ志望届を提出。日本高野連のホームページに掲載された。

【写真】U18日本代表メンバーの希望進路

 ほかに明徳義塾(高知)古賀優大捕手、九州国際大付(福岡)中山竜秀外野手らも提出した。

 これで計48人が掲載された。

 ドラフト会議は10月20日に行われる。

最終更新:9月14日(水)17時52分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]