ここから本文です

<民進>蓮舫氏の経緯説明 所属議員20人が代表らに求める

毎日新聞 9月14日(水)22時24分配信

 民進党代表選に立候補している蓮舫代表代行に台湾籍が残っていたことを受け、党所属の国会議員20人は14日、岡田克也代表らあてに常任幹事会で蓮舫氏に経緯を説明させるよう申し入れた。執行部の見解を示すことも求めた。申し入れたのは代表選に立候補する前原誠司元外相、玉木雄一郎国対副委員長の両陣営の議員。蓮舫氏の発言が「二転三転した」などと問題視し、「代表選の正当性だけでなく、党存亡に関わる問題になっている」と指摘した。

 地方議員、党員・サポーターは郵便投票のため、13日必着で締め切られた。篠原孝衆院議員は記者団に「全国の党員、地方議員は事実を知らずに投票してしまった。選挙として成り立ちにくい」と述べ、執行部として対応を検討すべきだとの考えを示した。【松本晃】

最終更新:9月14日(水)23時47分

毎日新聞