ここから本文です

三田寛子、テレビで橋之助語っていた「『悪いな』ってオーラを全身に背負って帰ってきて…」

スポーツ報知 9月15日(木)7時33分配信

 女優の三田寛子(50)が13日未明に放送されたTBS系トーク番組「Momm!!」で、10、11月の襲名披露興行(東京・歌舞伎座)で成駒屋の大名跡である8代目・中村芝翫(しかん)を襲名する夫・中村橋之助(51)が、飲んで遅く帰ってくるときに「『悪いな』ってオーラを全身に背負って帰ってきて、そーっと(ドアを)開けてくるから、かえってこっちも気を遣っちゃう」と話した。

【写真】披露宴での中村橋之助・三田寛子夫妻(91年11月)

 三田は「『亭主元気で留守がいい』というコピーのCMが昔あったけれど、結婚した当初は『信じられない、大好きな旦那様がいないなんて寂しい、寂しい』」と思っていたという。そして番組のMCの中居正広(44)が橋之助からデートに誘われたら?と聞くと「すごい行きたい。構ってもらえないんだもん、パパが忙しくて。ラブラブっていう感じになりたい」と希望を語った。

 また番組では妻に対して弱い夫という話題に。今でも橋之助と同じベッドで寝ているという三田は「パパが夜中に帰ってきて、そっと抜き足、差し足と飲んで帰って。えらくそんな気を遣わず『ただいま』ってさわやかに帰ってきたらいいのに『悪いな』ってオーラを全身に背負っていて。抜き足、差し足とそーっと(ドアを)開けてくるから、かえってこっちも気を遣っちゃう」と話していた。

最終更新:9月15日(木)14時3分

スポーツ報知