ここから本文です

<青い池>台風被害から復旧 観光客戻る 北海道・美瑛

毎日新聞 9月14日(水)22時36分配信

 台風被害で立ち入り禁止となっていた北海道美瑛町の観光名所「青い池」が14日、復旧工事を終え、約3週間ぶりに観光客の立ち入りが再開された。青い池は火山の泥流対策工事の際、水がたまってできた人工池。鉱物の成分が美瑛川の水に混ざり、太陽の光で反射して神秘的なエメラルドブルーに輝く。

【美しさが戻った青い池】

 北海道に8月23日に上陸した台風9号で、美瑛川の護岸が一部崩れ、水の色が茶色く濁っていた。秋の行楽シーズンを前に護岸工事が終了し、水の色もほぼ元通りになった。

 町経済文化振興課の嵯城(さじょう)和彦課長は「町の大切な観光地であり、復旧を待ち望んでいた」と述べ、台風被害による観光客減少の歯止めになることを期待した。【手塚耕一郎】

最終更新:9月15日(木)3時34分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。