ここから本文です

JASRACが審判請求取り下げ=公取委の排除命令が確定

時事通信 9月14日(水)19時5分配信

 放送分野での音楽使用料をめぐり、日本音楽著作権協会(JASRAC)の徴収方法が独禁法違反(私的独占)に当たるとして、公正取引委員会が排除措置命令を出した事件で、JASRACは14日、命令を不服として申し立てた審判請求を取り下げたと発表した。

 
 2009年2月に出された排除措置命令は、公取委の審判でいったんは取り消す判断が出たが、裁判で覆されて再び審判が続いていた。取り下げは9日付で、命令は7年半ぶりに確定した。 

最終更新:9月14日(水)19時10分

時事通信