ここから本文です

シンハライトの半姉、マーメイドS勝ち馬リラヴァティが繁殖入り

スポーツ報知 9月14日(水)16時56分配信

 オークス馬シンハライトの半姉で、今年のマーメイドSを制したリラヴァティ(牝5歳、栗東・石坂厩舎)が右前脚の故障の回復が思わしくないため、現役を引退することが14日、決まった。同日付で競走馬登録を抹消された。通算成績は23戦5勝。今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖入りする予定。

 重賞連勝を目指した7月のクイーンS(9着)がラストランになった。父ゼンノロブロイ、母シンハリーズ(父シングスピール)。シンハライトと同じディープインパクト産駒の半兄アダムスピークはラジオNIKKEI杯勝ち馬。

 石坂調教師「無事に繁殖に上がれてよかった。重賞も勝ってくれたし、十分走ってくれた」

最終更新:9月14日(水)16時56分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。