ここから本文です

バスケBリーグ・大阪、開幕戦演出を公開 テーマソングはE-girlsの藤井姉妹が提供

スポーツ報知 9月14日(水)18時18分配信

 NBLとTKbjが統合して誕生するバスケットボール男子の新プロリーグ「Bリーグ」の大阪エベッサが9月24、25日のホーム開幕戦、レバンガ北海道戦(府民共済SUPERアリーナ)で予定している演出を一部公開した。

 オープニングにはソニー・ミュージックエンタテインメント総合演出のBリーグ2016―17シーズン公式アンセム(代表曲)&テーマソングが流される。

 公式アンセムはPKCZがBリーグのスローガン「BREAK THE BORDER」を元に製作した楽曲。PKCZはEXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL(m―flo)、DJ DARUMAが中心となり結成したクリエイティブチーム。公式アンセムについてVERBALは「老若男女が盛り上がれるように、海外、特にNBAの音源をリサーチして、それを越えるものをつくりたいと、ダイナミックで壮大に、そして何より開幕戦でお客さんがたくさん集まることを想定しながら、みんなでディスカッションをしながらつくりました」と話している。

 テーマソングはE―girlsメンバーの藤井萩花と藤井夏恋の大阪府出身の姉妹ユニット「ShuuKaRen」の新曲「Take―A―Shot! feat・PKCZ」。萩花は「Bリーグを盛り上げるために歌詞をバスケ用語に変更したりしました。Bリーグを見ている方やバスケットボールをしている皆様にその思いが伝われば良いなと思っています。そして、見ている人も一緒に歌ってもらえたらうれしいです」とコメント。夏恋は「自分がバスケットボールをプレーしている姿は試合の風景をイメージしてレコーディングを行いました」と語った。

最終更新:9月14日(水)18時18分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。