ここから本文です

【プロレス】キラー・カーンの店「居酒屋カンちゃん」が新規開店…“閉店商法”ではありません

スポーツ報知 9月14日(水)18時8分配信

 元プロレスラー、キラー・カン氏(69、本名・小沢正志、現役時代の表記はキラー・カーン)が14日、新宿・百人町で「居酒屋カンちゃん」(百人町1-6-14)をオープンした。8月に通算約16年営業した新宿・歌舞伎町を“卒業”し「ついに廃業か」とネット上で話題になったが、JR新大久保駅近くで物件を見つけ“最後の城”を築いた。

【写真】歌舞伎町店の閉店時、最後のステージを務めたキラー・カン

 1988年にプロレスを引退し新宿・中井で居酒屋店主になったカンさん。昨年に歌舞伎町でリニューアルした「歌謡居酒屋カンちゃん」でステージを設置し、歌手としての一面も披露してきたが、“日本一の歓楽街”では「サラリーマンの味方」という中井時代のリーズナブルな料金設定は時代になじまず、撤退を余儀なくされた。

 ネット上では「閉店ビジネスか」との書き込みもあるが、「そんな器用なことはできません」とカンさん。実際、70歳を目前に、廃業や故郷の新潟に帰ることも模索したが、藤波辰爾(62)、藤原喜明(67)ら元同志が現役で頑張っていることや長年コンビを組んできた板長からの激励に奮起した。新店では、これまで同様、和食、中華、ちゃんこに力を入れる。中井の店を訪れた故・尾崎豊さんが愛したカレーライスも続投。昭和の空気を味わえるスペースは、できればなくならないでほしい。(酒井 隆之)

最終更新:9月14日(水)20時34分

スポーツ報知