ここから本文です

米モンサントを買収=6.8兆円、巨大農業企業に―独バイエル

時事通信 9月14日(水)20時57分配信

 【フランクフルト時事】ドイツ医薬品・農薬大手バイエルは14日、米農薬・種子大手モンサントの買収で両社が合意したと発表した。

 買収額は約660億ドル(約6兆8000億円)。バイエルは農薬で世界2位、モンサントは種子で1位。両社の統合で、農業分野で圧倒的シェアを握る巨大企業が誕生する。

 買収完了は、2017年末の見込み。バイエルが5月に提示した当初の買収額は約620億ドルだったが、モンサントが金額に不満を示し、その後の交渉で引き上げられた。

 両社はまた、独占禁止当局の承認が得られずに統合が破談となる場合には、バイエルが違約金20億ドルをモンサントに支払うことでも合意した。 

最終更新:9月14日(水)22時13分

時事通信