ここから本文です

ソフトB首位浮上、有原9敗/14日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 9月14日(水)23時30分配信

<プロ野球>◇14日◇神宮ほか◇6試合

【セ・リーグ】

◆広島安部が8回逆転V打、阪神は継投策実らず

【写真】ソフトバンク武田が真骨頂!敵地25イニング無失点

<阪神4-6広島>◇14日◇甲子園

 広島は1回に鈴木の三ゴロの間と、野間の適時打で2点を先制。阪神は1回にゴメスの三ゴロの間に1点を返した。

 広島は6回に鈴木の右前適時打で1点を追加した。阪神は5回に三塁まで走者を進めたが、得点につなげられなかった。

 広島は8回に安部に2点適時二塁打で逆転。そのまま逃げ切り勝ちをした。阪神は7回に一時は勝ち越すも継投策が実らなかった。

◆中日大島11回サヨナラ打 巨人沢村リード守れず

<中日5-4巨人>◇14日◇ナゴヤドーム

 巨人は3回に1死三塁から菅野の右翼への犠飛で先制。中日は3回に1死満塁の好機をつくるも、1本が出ずに無得点。

 中日は4回にエルナンデスの左前適時打で同点に追いついた。その後は両軍とも得点できず、1-1のまま終盤に入った。

 巨人は8回に阿部の適時打などで3点を勝ち越した。だが、中日は8回に1点を返し、9回に沢村から2点を奪い同点とし延長戦に入った。

 中日は延長11回裏2死満塁から、大島が右翼フェンス直撃の適時打を放ち、サヨナラ勝ちした。

◆ヤクルト石川7勝目、DeNAとのゲーム差3・5

<ヤクルト3-2DeNA>◇14日◇神宮

 ヤクルトは2回にバレンティンの2戦連発となる30号ソロで先制。先発石川は3回まで1安打無失点に抑えた。

 ヤクルトは5回に、雄平の2点適時打で追加点。先発石川は、6回まで2安打無失点。DeNA先発井納は6回途中3失点で降板。

 ヤクルトが1点差で逃げ切り、3位DeNAとのゲーム差を3・5に縮めた。先発石川は、8回途中無失点の好投で7勝目を挙げた。

【パ・リーグ】

◆オリックス16安打11点完勝、日本ハム有原9敗目

<日本ハム1-11オリックス>◇14日◇札幌ドーム

 オリックスは1回、吉田正の2ランなどで3点を先制。3回にも園部の中越え2点適時二塁打、若月の中前適時打で3点を追加。

 日本ハムは4回、レアードの左前適時打で1点を返す。だが、オリックスは6回、吉田正の右前適時打など2点を入れて突き放した。

 オリックスは7回、吉田正のこの日2本目となる9号3ランでダメ押し。連敗を2で止めた。日本ハムは有原が9敗目を喫した。

◆ソフトバンク大勝19安打13得点、武田は13勝目

<楽天0-13ソフトバンク>◇14日◇コボスタ宮城

 ソフトバンクは初回、内川の適時打など2点先制。2回は打者一巡の猛攻で6点。3回にも4安打で4点追加。武田は3回無失点。

 楽天は4回、無死一、二塁の好機も無得点。ソフトバンクは、6回に本多の適時打で1点追加。武田は6回を2安打無失点と好投。

 ソフトバンクが、先発全員安打の19安打13得点で楽天に大勝。武田は7回無失点で13勝目を挙げた。楽天の連勝は2でストップ。

◆西武浅村が決勝弾、岸が8勝目 ロッテは3連敗

<ロッテ1-2西武>◇14日◇QVCマリン

 序盤は、ロッテ・スタンリッジ、西武岸の両先発が好投した。3回まで、ともに相手打線を1安打無失点に抑えた。

 西武は5回、呉の中前適時打で1点を先制した。岸は中盤も好投を続け、6回までロッテ打線を5安打無失点に抑えた。

 ロッテは9回、角中が8号ソロを放ち、西武岸の完封を阻止。土壇場で同点に追い付いた。1-1のまま、延長戦に突入した。

 西武は延長11回、浅村の20号ソロで勝ち越した。岸が10回1失点で8勝目。ロッテは3連敗を喫した。

最終更新:9月14日(水)23時50分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]