ここから本文です

阪神横山、左肩痛で離脱後最長7回を投げ4失点

日刊スポーツ 9月14日(水)23時49分配信

<練習試合:阪神6-4カナフレックス>◇14日◇鳴尾浜

 左肩痛に苦しんだ阪神の横山雄哉投手(22)は社会人カナフレックスとの練習試合で離脱後最長の7回を投げ4失点だった。

【写真】阪神横山、左肩違和感で抹消 楽天戦の先発回避

 「痛みは大丈夫ですよ」というとおり最速144キロの真っすぐを武器に8奪三振無四球、7回を87球にまとめた。ただ6回に痛恨の同点2ランを浴びるなど3失点。「打たれたのは全部真っすぐです。真っすぐが上がってこないと組み立てが難しい。試合の中で感覚をつかみたい」と話した。

 7月末にブルペン投球を開始し、8月30日に実戦復帰。前回は7日の練習試合に先発し、5回1失点だった。

最終更新:9月15日(木)0時38分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]