ここから本文です

【ローズS】ジュエラー、軽く伸ばして1馬身半先着!骨折明けの不安なし

スポーツ報知 9月15日(木)6時6分配信

◆ローズS追い切り(14日・栗東)

 秋華賞トライアルの第34回ローズS(18日、阪神)で秋初戦を迎える桜花賞馬ジュエラーは14日、栗東のDPコースで上々の動きを披露した。

 骨折明けの不安を払拭するのに、十分なデモンストレーションだった。ジュエラーはDPコースで、クルークハイト(2歳未勝利)の内を5馬身追走。上々の気合乗りで直線に入り、あっさりとらえると、軽く伸ばしただけで1馬身半先着。ラスト1ハロンは流し気味ながら、11秒2(5ハロン64秒8)をマークした。

 「反応を見て考えようと思っていたんですが、すごく良かったので、あれ以上やる必要がなかったです。間隔が空いているので、もう少し反応が鈍いかと思ったけど、射程圏に入ると自分からビュンと行きました」。手綱を執った仲田助手は、全身に伝わってきた出来の良さに、強くうなずいた。

 牝馬で唯一、先着を許したシンハライトに桜花賞で雪辱してG1制覇。オークスへ向けた調整中に左前第1指骨剥離骨折で離脱したが、そのライバルが2冠目をつかみ、存在感は増した。カギは骨折明けと5か月ぶりの影響だけ。「普段の運動や角馬場での落ち着きぶりがいいです。いい時の感じ。多少大きくなり、少し幅が出ました」。上積みを加えて帰ってきた桜の女王に、手応えはむしろ深まっている。

 主戦のMデムーロは中間に騎乗していないが「とてもいい馬。2000メートルまでは問題ない」と言い切り、久々のタッグを心待ちにする。樫の女王といきなりの激突も、ファンは見ものだ。最後に改めて仲田助手が言い切った。「(骨折に関しては)全く不安はないです」。前哨戦から余すところなく、豪脚を放つ。(宮崎 尚行)

最終更新:9月15日(木)14時54分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。