ここから本文です

【ラグビー】山田、来季海外挑戦も!「新しいチャレンジが好きなんで」

スポーツ報知 9月15日(木)6時6分配信

 ラグビー日本代表ウィングの山田章仁(31)=パナソニック=が14日、来季スーパーラグビー(SR)のサンウルブズ(日本)に参加せず、海外でのプレーを選択肢に入れていると明かした。

 都内のイベントに出席、今季トップリーグ終了後のプレー先に「来年はまだ白紙だけど、新しいチャレンジが好きなんで」と話した。

 すでにニュージーランド、オーストラリア、英国など複数のチームからオファーがある。SRには「2シーズン出たので、おなかいっぱい」とし、10月に双子を出産予定で米国出身のローラ夫人のためにも「ストレスにならない英語圏(の国)がいいかな」と話した。

 この日はオーストラリア大使館で行われた10人制ラグビーの新規国際大会「ブリスベン・グローバル・テンス」(来年2月11~12日、ブリスベン)の発足発表会見に出席。優勝賞金160万豪ドル(約1億2500万円)をかけ、パナソニックのほか、五郎丸歩(30)所属のトゥーロンなど14チームが参加する。

最終更新:9月15日(木)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。