ここから本文です

マツコ、ハネタクと対面!ボディーをおさわりして「すげえ~~」

スポーツ報知 9月15日(木)0時41分配信

 リオ五輪カヌースラローム男子カナディアンシングル銅メダリストの羽根田卓也(29)=ミキハウス=が14日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜・後11時15分)にゲスト出演した。

 同番組は6月29日の放送で羽根田を知る友人から「取り上げないと絶対後悔する選手」との投稿メールを元にいち早く紹介。マツコ・デラックス(43)がイケメンぶりを気に入り“ハネタク”と名付けていた。

 銅メダルを持参し、マツコ、有吉弘行(42)と対面した羽根田はマツコから「ところで何の競技でしたっけ」といじられながらも「実物はイケメンだね」と言われると笑顔になった。

 リオ五輪で3位になった時の映像を見て感想を問われると「正直いけるとは思わなかったです。いろんな思いが胸からこみ上げてきて」と説明。「涙の自分の姿を見てどう思った?」とのマツコの問いに羽根田は「ハネタク、かわいいな」と一言。これにはマツコは「帰国して気づいたの。この人調子いいのよ~」と毒づいた。

 それでも「タッチ可?」と“おさわり”をおねだり。「可!」との返答をもらうと、左腕をニギニギし「すげえ~~」と感動の声を上げた。

 2020年東京五輪に向けて羽根田は「僕の競技年齢的に一番のピークですから金メダルを取れるように頑張りたい」と宣言。6月の紹介時には「(取り上げなくても)絶対、後悔しない」と息巻いていた有吉も「我々が一番の応援団ですから」と手のひら返しでヨイショしていた。

最終更新:9月15日(木)0時41分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。