ここから本文です

【バドミントン】タカマツペア、海外連戦続くも「楽しんでプレーしたい」

スポーツ報知 9月15日(木)6時7分配信

 リオ五輪女子バドミントンダブルス金メダルの高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)=ともに日本ユニシス=、競泳男子400メートル個人メドレーで銅メダルの瀬戸大也(22)=JSS毛呂山=が14日、都内で行われた「日本のトップアスリートを支えているアミノ酸セミナー」に登場した。

 タカマツペアは20日開幕のヨネックス・ジャパン・オープン(東京体育館)以降、海外で連戦が続く。高橋は「自分たちのパフォーマンスを出せば、結果はついてくる。(松友と)楽しんでプレーしたい」と語った。瀬戸は「東京五輪では一番いい色のメダルを取れるだけ取る」と宣言した。

最終更新:9月15日(木)20時52分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]