ここから本文です

プリキュア映画にくまモン、アルクマ、あべのべあ…全国のクマキャラそろって出演

オリコン 9月14日(水)13時30分配信

 人気アニメ「プリキュア」シリーズ劇場版最新作『映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!』(同時上映『キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!』、10月29日公開)に、くまモンをはじめ全国各地で活躍するクマキャラクター10体がそろって出演することが明らかになった。

『映画魔法つかいプリキュア!』テーマ曲を歌うのは渡辺麻友

 ABC・テレビ朝日系で放送中のアニメ『魔法つかいプリキュア!』(毎週日曜 前8:30)には、2つの異なる世界、ナシマホウ界で生まれたみらい(キュアミラクル/CV:高橋李依)と、魔法界で生まれたリコ(キュアマジカル/CV:堀江由衣)、さらに3人目のプリキュアとして加わったキュアフェリーチェ(ことは/CV:早見沙織)が活躍するストーリー。

 その劇場版となる『~奇跡の変身!キュアモフルン!』は、みらいの大切な存在であり、みらいとリコの変身に欠かせない存在でもあるクマのぬいぐるみ“モフルン”が、奇跡の力でプリキュアに変身してしまう。そんな重責(!?)を担うモフルンを応援しようと、“クマ”つながりで全国のクマキャラクターが立ち上がった。

 出演するのは、あべのべあ(あべのハルカス 展望台「ハルカス300」)、アルクマ(長野県)、くまモン(熊本県)、コアックマ&アックマ(北海道)、こぐま(名鉄運輸)、ゾンベアー(小樽市)、ハンバーグマのグーグー(日本ハンバーグ協会)、ぽすくま(日本郵便)、ポテくま(秩父市)。北は北海道から南は熊本まで、官民入り混じった個性豊かなクマキャラクターたちがスクリーンで一堂に会す。

 くまモンたちは、映画本編の冒頭でみらいやリコ、ことはが訪れる“大魔法フェスティバル”の会場に登場するほか、最強の敵・ダークマターと戦いピンチに陥った時にも、モフルンそっくりなクマ型のミラクルライトを手に、応援をするといった見せ場もある。

 神木優プロデューサーは「今回の映画は、モフルン=クマのぬいぐるみが大活躍する映画です。モフルンだけでなく、全国にはさまざまな場面で活躍するクマキャラがたくさんいて、モフルンと皆さんが揃ったらお子様にも喜んでいただけるのではないだろうかと考え、オファー。皆さんから快諾していただき、プリキュアとモフルンにとってこれ以上ない“応援団”ができた気分です」とコメントしている。

最終更新:9月14日(水)13時30分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。