ここから本文です

尾野真千子、遊川脚本を演じきり「女優としての目標ができた」

オリコン 9/15(木) 5:00配信

 女優の尾野真千子が主演するテレビ朝日系ドラマ『はじめまして、愛してます。』(毎週木曜 後9:00)が先日、無事にクランクアップ。きょう15日に最終第9話が放送される。脚本家の遊川和彦氏が特別養子縁組を題材にオリジナルで書き下ろした作品。埼玉県のロケ先でクランクアップを迎えた尾野は「女優としての目標ができた!」と、初の遊川作品に挑戦し続けた日々を振り返った。

ハッピーエンドは訪れるのか? 最終回の場面写真

 クランクイン前には、遊川氏から「難しい芝居を要求して、彼女自身も知らない表情を引き出していきたい」と挑戦的な言葉を贈られ、「私も挑戦することで燃えてきますし、自分のものにしてやろうという気持ちになるので、このドラマでは挑戦というものに懸けていきたい!」と宣言していた尾野。3ヶ月に及ぶ撮影を乗り越え、「遊川さんのスタイルを経験したことで、いろんな自分を見せてもらうことができました。勉強になったという気がすごくしています」と話す。

 「愛の伝え方というのはこんなにも難しい…その難題を、いろんな方の力を借りながら、(夫・信次役の)江口(洋介)さん、(ハジメ役の横山)歩と3人で乗り越えることができました。いい夫婦、いい親子だったと思います」と共演者・スタッフに感謝。

 「愛というのは一言では語りきれない、私たちにとって一番大切なものであって、それだけに伝え方もいろいろある。物語としてそれをどう伝えていくのかは、すごく難しいことでした。撮影に入る前には簡単に『伝わってくれたらいいな』と口にしていましたが、いまは愛の深さや伝えることの難しさがわかったし、これから私が女優業を続けるにあたって、ひとつの試練であり目標ができたという思いです」と語った。

 第8話で離婚の危機を乗り越えた美奈(尾野)と信次の2人は、最終回で改めて正攻法で生みの親からハジメを取り戻す手続きを始める。その確率はゼロに等しく絶望的状況に変わりはないのだが、2人は決してあきらめないことで結束。「愛」を伝えることで「奇跡」が起こると信じ、わだかまりのあった実の家族たちと素直な気持ちで向き合い直す美奈と信次。その行為は波紋のように静かに広がり、美奈の父親、信次の妹家族や弟、そして母親に大きな変化が現れる。

 美奈はハジメの生みの親、泉(志田未来)にも同じような気持ちで対峙。しかし、そこには立ちはだかる法律の壁、そして実母を操る祖母の存在が。ハジメ出生にまつわる謎にも、美奈たちの想像を絶する重大な秘密が隠されていた…。美奈、信次、ハジメの3人は本当の家族になることができるのか?

 最終回のみどころについて、尾野は「言いたくない!(笑)」とまさかのノーコメント。「言いたいことはいっぱいあるけど、いまは『待っててください』ということだけです。ストレートに作品を見て感じていただけたら、作った私たちはうれしいし恵まれます。どうぞお楽しみに!」と視聴を促していた。

最終更新:9/15(木) 5:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]