ここから本文です

スキマスイッチ新曲は奥田民生版「全力少年」 11年ぶり“新装”

オリコン 9月15日(木)9時0分配信

 男性2人組ユニット・スキマスイッチが、11月30日に1年ぶりとなる24枚目のシングル「全力少年produced by 奥田民生」を発売することが決定した。今作は11年前にリリースした5枚目のシングル「全力少年」(2005年4月発売)を敬愛する奥田民生がプロデュースし、再構築したもの。これまで一貫して自己プロデュースしてきたスキマスイッチがプロデューサーを迎えるのは今作が初となる。

11年前にリリースされた5thシングル「全力少年」

 「全力少年」は、05年に初出場した『NHK紅白歌合戦』でも歌唱したスキマスイッチの代表曲。配信は100万ダウンロード、YouTubeの再生回数は2700万回を超え、リリースから11年経った今年になってもCMソングに起用されるなど、今なお愛されている。

 今作で初めてプロデューサーを迎えることについて常田真太郎(Key)は「僕らの楽曲は全曲いわゆるプロデューサーを立てずに自分たちで手作りをしてきました。しかしそんな中でやはり人の手を介した僕らの楽曲の手触りへの興味も少なからずありました」と説明。プロデュースを引き受けた奥田は「ややこしい曲じゃないといいなと思ってたら、なかなかややこしい曲だった」とボヤきつつも、再アレンジはもとより、楽器演奏やコーラスも担当した。

 ロックテイストあふれる曲に生まれ変わり、レコーディングでは「大橋が何度も歌いたがるので、途中でやめさせました」と奥田が明かしたほど大橋卓弥(Vo)はノリノリ。大橋は「『全力少年』がガラッと雰囲気を変えて、ロックで少しやんちゃな『全力少年』へと生まれ変わりました」と手応え十分で「民生さん色満載の作品に仕上がり感謝と共に、ものすごくうれしく思っています。ぜひぜひたくさんの人に聴いてもらいたいです!」と喜びを露わにした。

 同曲は10月6日からTOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送開始されるラグビーを題材にした初のテレビアニメ『ALL OUT!!』のエンディングテーマに決定。スキマスイッチは「祇園くんをはじめとするキャラクターたちの、真っ直ぐに悩み、真っ直ぐに泣き、真っ直ぐに笑うとこに青春による全力を感じつつ、このアニメのテーマでもある“出し切ったかどうか”をこの楽曲で表現できていればうれしいです」とコメントした。

最終更新:9月15日(木)18時48分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。