ここから本文です

レディー・ガガ、新作でベック、ジョシュ・オム、フローレンスとコラボ

BARKS 9月19日(月)0時9分配信

金曜日(9月9日)、ニュー・シングル「Perfect Illusion」をリリースしたレディー・ガガが、ニュー・アルバムでコラボしているアーティストの名を明かした。

◆レディー・ガガ画像

ガガとマーク・ロンソンは、「Perfect Illusion」のリリースに合わせ、同曲の制作に参加したアーティストの一覧をTwitterで公開。すでに伝えられていたロンソン、BloodPop、テーム・インパラのケヴィン・パーカーに加え、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムもギターで参加しているそうだ。

ガガは同日、BBCラジオのインタビューで、このほか、フローレンス・ウェルチ(フローレンス&ザ・マシーン)、ベック、ジョルジオ・モロダー、ファーザー・ジョン・ミスティ(ジョシュア・ティルマン)と共作したと明かした。フローレンスに関しては「私たち、デュエットしたの。彼女は世界で最高のヴォーカリストの1人」と称賛している。

ガガのニュー・アルバムは、トニー・ベネットとのコラボレーション『Cheek To Cheek』(2014年)を除くと、2013年の『Artpop』以来となる。タイトル、リリース日等の詳細はまだ明かされていない。

Ako Suzuki

最終更新:9月19日(月)0時9分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。