ここから本文です

モネの池近くの橋にハチの巣 通行止め

岐阜新聞Web 9月14日(水)9時15分配信

 岐阜県関市板取の観光名所「名もなき池(通称・モネの池)」近くの橋でスズメバチの巣が見つかり、関市が橋を通行止めにしていることが13日、分かった。市によると、被害の報告はないという。
 市によると、モネの池から西に約100メートルの下白谷橋の下部で見つかった。キイロスズメバチの巣とみられ、直径は約30センチ。近くに観光客が利用する駐車場があるが、池とは反対方向にあるため、観光客が通ることはないが、安全確保のため、8月初旬から通行止めにした。
 巣は川面から約10メートルの高さにあり、市は「大がかりな作業になるため、今のところ駆除は予定していないが、近づかないでほしい」と注意を呼び掛けている。

岐阜新聞社

最終更新:9月14日(水)10時44分

岐阜新聞Web