ここから本文です

ディズニー新作『ピートと秘密の友達』12月公開、少年とドラゴンの友情描く

CINRA.NET 9月14日(水)12時3分配信

ディズニー映画『ピートと秘密の友達』が、12月23日から全国で公開される。

同作は、1977年にアメリカで公開された映画『ピートとドラゴン』のリメイク版。6年間森で暮らしてきた少年ピートと、深い森の中に住む生き物エリオットの友情を描く。森林警備隊のグレースによってピートが保護されたことをきっかけに、エリオットの存在が人間たちに知られることになり、ピートとエリオットに試練が訪れる、というあらすじだ。

【予告編を見る】

主人公のピート役を演じるのは、スタッフが何万人という子どもたちの中から選んだというオークス・フェグリー。グレース役をブライス・ダラス・ハワードが演じるほか、ロバート・レッドフォードも共演者に名を連ねている。視覚効果は、『ロード・オブ・ザ・リング』で『アカデミー賞』視覚効果賞を受賞したWETAデジタルが担当。

予告編ではピートとグレースが森の中で出会うシーンや、グレースたちの前にエリオットが姿を現す場面、エリオットの背中に乗って空を飛ぶピートの姿などが確認できるほか、エリオットと交わした3つの約束「名前をつけてあげること」「不思議な力を隠すこと」「絶対に守り抜くこと」を守ろうとするピートの姿が映し出されている。

CINRA.NET

最終更新:9月14日(水)12時3分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。