ここから本文です

ヴィム・ヴェンダースの特集上映、『パリ、テキサス』など4作品

CINRA.NET 9月14日(水)20時8分配信

ヴィム・ヴェンダース監督の特集上映『ヴィム・ヴェンダースを旅する~映画のランドスケープ』が、10月8日から東京・キネカ大森で開催される。

【もっと画像を見る(6枚)】

ヴェンダース監督の新作『誰のせいでもない』が11月12日から公開されることを記念して行なわれる同イベント。上映作品は、『カンヌ国際映画祭』パルム・ドール受賞作『パリ、テキサス』、同じく最優秀監督賞受賞作『ベルリン・天使の詩』、ライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンたちを追った『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』、『パリ、テキサス』の脚本家サム・シェパードと再びタッグを組んだ『アメリカ、家族のいる風景』の4作品となる。

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』『アメリカ、家族のいる風景』は35ミリフィルムでの上映となる。各作品の上映スケジュールは、キネカ大森のオフィシャルサイトでチェックしよう。

CINRA.NET

最終更新:9月14日(水)20時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。