ここから本文です

16日DeNA戦で先発予定の阪神・秋山 自覚する克服すべき課題とは…

Full-Count 9月14日(水)7時10分配信

2日の同カードでは5回2失点、2軍調整で好投してつかんだリベンジ登板

 つかみ取った最後のチャンスで結果を残す。阪神・秋山拓巳投手が13日、1軍の全体練習に合流。甲子園球場ではランニング、キャッチボールなどで最終調整を行い「しっかり投げるように準備していきたい。良い所を出したい」と力を込めた。順調にいけば16日のDeNA戦(甲子園)に先発する。

 最後の最後にリベンジを果たす。2日のDeNA戦(甲子園)で今季初先発した右腕は、5回3失点で今季初黒星を喫したが手応えもつかんだ。課題は立ち上がり。3失点したのは4安打を集中された初回のみ。2回以降はわずか1安打と最低限の役割は果たした。本人も「立ち上がりは意識すると思うが、その中でしっかり状況を見ながらやっていきたい」と話し、自身の課題は自覚している。

 16日の先発は2軍調整中の岩崎、秋山の両にらみだった。9日のウエスタン・リーグ中日戦(鳴尾浜)には両投手が登板。先発して5回無失点の好投を見せた秋山に軍配が上がり、リベンジのマウンドを手にした形となった。

 前回敗れたDeNA相手に快投を演じ勝利を手にすれば、2012年6月30日ヤクルト戦(神宮)以来、実に1537日ぶりの白星になる。「特に意識はしていない。3、4、5番の前にランナーをためないようにしたい」。来季にもつながる大事なマウンドになるのは間違いない。7年目、25歳の右腕が勝負を懸ける。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月14日(水)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。