ここから本文です

リオ・パラリンピック=ブラジル躍進、前回大会の経験者達が好結果を残す

ニッケイ新聞 9/14(水) 9:57配信

リオ・デ・ジャネイロで開催中のパラリンピックで、ブラジル選手団では過去の大会に出場経験を持つ選手達が大活躍している。
 8日に水泳の200メートル自由形で金メダルを獲ったダニエル・ジアスや、11日に陸上の100メートルで優勝したペトルシオ・フェレイラ・ドス・サントスだ。
 ダニエル・ジアスが水泳選手となったきっかけは、2004年のアテネ大会で金メダル6個を獲得し、ツバロン(サメ)の異名を得たクロドアウド・シウヴァだ。自らのアテネ大会での活躍が様々な障害を持つ若者達に大きな影響を与えた事は、クロドアウド自身もよく知っている。
 クロドアウド自身は当初、自分が他の人達を奮い立たせる側に立つ事になるなどとは想像だにしていなかった。だが、自分がメダルを獲得して表彰される姿が テレビなどで報じられた事で、若者達が「自分達もやれる」「俺もやってみよう」と思い始めたと知って本当に喜び、「プールの中であっても外であっても、常 に良い成績を残し、後輩達の模範となるよう心がけた」という。
 ロンドン大会で引退する事も考えていたクロドアウドは、自国開催の今大会でもダニエル・ジアスらと共に200メートル自由形リレーに参加して銀メダルを 獲得。その他の種目も含め、まだやれるとの実感を掴んでいるベテランは、現役続行にも色気を見せ始めている。
 一方、陸上のペトルシオが競技を始めたきっかけになったのは、ヨハンソン・ナシメントだ。北京大会では400メートルリレーで銀、200 メートルで銅、ロンドン大会では200メートルで金、400メートルで銀を獲ったヨハンソンは、ブラジリアで行われた聖火の点火式で、テメル大統領から聖火を受け取る大役も果たした。
 ヨハンソン今大会でも、100メートルで新記録を更新したペトルシオと共に3位に入賞し、二人で表彰台に立った上、13日の400メートルリレーでも、ペトルシオやレナト・ヌネス、アラン・フォンテレスと組んで銀メダルを獲得した。
 五輪、パラリンピックには、地元公立校の生徒らも招かれ、選手達の活躍を間近に見ている。自分達も五輪やパラリンピックに出たいとの思いを胸に抱いた青少年達が今後の大会で活躍する姿を見て涙するのは、今大会で勇姿を見せている選手達かも知れない。
 なお、パラリンピックに出場しているブラジル人選手の49%は交通事故などで不自由になってからスポーツを始めた人で、障害を持つ前は別の種目をやっていたという人は38%、同じ種目をやっていた人は11%だった。

最終更新:9/14(水) 9:57

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。