ここから本文です

トップ2シードが初戦で敗れる [ジャパン女子オープンテニス]

THE TENNIS DAILY 9/14(水) 0:14配信

「橋本総業 ジャパンウイメンズオープン」(本戦9月12~18日/東京・有明テニスの森公園テニスコート)の本戦2日目は、シングルス1回戦5試合が行われた。

ワイルドカードで出場の穂積絵莉、全豪8強の強敵にあと一歩及ばず [JAPAN WOMEN'S OPEN]

 シード勢は3人が初戦に臨み、第3シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)がサビーネ・リシツキ(ドイツ)を6-3 6-2で下して勝ち上がったが、第1シードの土居美咲(ミキハウス)と昨年の優勝者で第2シードのヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)は敗れた。

 ジャパンウイメンズオープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝ち上がり、LLはラッキールーザー

     ◇   ◇   ◇

【コロシアム】

第1試合 シングルス1回戦
○31ビクトリヤ・ゴルビッチ(スイス)6-1 7-6(7) ●32ヤニナ・ウィックマイヤー(ベルギー)[2]

第2試合 シングルス1回戦
●1土居美咲(ミキハウス)[1] 5-7 3-6 ○2アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)

第3試合 シングルス1回戦
○9ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)[4] 6-3 6-2 ●10サビーネ・リシツキ(ドイツ)

第4試合 シングルス1回戦
●5アントニア・ロットナー(ドイツ)[LL] 1-6 4-6 ○6カテリーナ・シニアコバ(チェコ)

第5試合 シングルス1回戦
○19チャン・スジョン(韓国)[Q] 4-6 6-3 6-3 ●20ジェン・サイサイ(中国)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:9/14(水) 0:14

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]