ここから本文です

[UCL]ゴールの質が異次元 2人の金狼とウルグアイの怪物がド派手にゴール量産しバルセロナが7発快勝

theWORLD(ザ・ワールド) 9月14日(水)5時44分配信

メッシ、今季初ハットトリック

UEFAチャンピオンズリーグ、グループステージ第1節が13日に行われ、グループCのバルセロナとセルティックが対戦した。試合はバルセロナの本拠地カンプ・ノウで行われ、バルセロナの先発メンバーにはGKテア・シュテーゲンがハムストリングスの負傷から復帰し、FWメッシ、FWスアレス、FWネイマールが今季初めて揃ってスタメン出場した。

バルセロナは週末に行われたリーグ戦で不覚をとり昇格組のアラベス戦に1-2で敗れていた。そこで指揮官のルイス・エンリケは「良いスタートを切ることが不可欠」と語り、ベストなメンバーを揃えた。対するセルティックは序盤から5バックで臨み、バルセロナの攻撃のスペースを潰そうとする。だが、股関節の負傷から復帰したメッシにとって大した問題にはならなかった。3分、メッシがネイマールの縦パスに抜けだすとゴールエリア付近の角度の少ない位置から豪快に左足を振り抜く。ボールは逆サイドのゴールネットに突き刺さり、今シーズンから髪を金色に染めた2人の金狼が、抜群のコンビネーションから先制点を奪取した。

その後、バルセロナが圧倒的にボールを保持して攻めこむも、セルティックはカウンターから決定機を迎える。23分、スルーパスに抜けだしたFWデンベレがGKテア・シュテーゲンに倒されてPKを獲得。自らキッカーを務めたデンベレはゴール左を狙って蹴りこむも、テア・シュテーゲンは完全にコースを読んで弾き出した。ピンチを凌いだバルセロナは、再びネイマールとメッシの2人がスタジアムの観衆を魅了にする。27分、セルティックの守備6人がひしめく密集地帯をメッシがネイマールとのパス交換で突破し、ゴールに流し込んで追加点を重ねた。

バルセロナが2点をリードして迎えた後半、ルイス・エンリケ監督はラキティッチに代えてイニエスタをピッチに送り出し、さらにボールポゼッションを高めようとする。すると50分、バルセロナはペナルティエリア手前やや左の位置からネイマールが壁の上を超えるFKを決め、さらに試合を優位に進める。ここからバルセロナが立て続けにゴールを重ね、セルティックに追い打ちをかける。59分にはイニエスタがネイマールのクロスにダイレクトで合わせて豪快なボレーシュートを決め、60分にはスアレスの折り返しを押しこむ形でメッシがハットトリックを達成。そして75分にはこの試合でチャンスに恵まれていなかったスアレスが、胸トラップからの反転シュートで豪快にゴールをこじ開け、セルティックに力の差を見せつける。

終了間際にもコーナーキックの流れからメッシの横パスに右足で合わせたスアレスが得点を重ね、結局バルセロナが7-0でバルセロナがセルティックに勝利した。メッシはハットトリックを達成し、スアレスはドブレーテ(2得点)、ネイマールは4アシストを記録し、カーディフでの決勝に向け幸先の良いスタートをきった。

[メンバー]
バルセロナ:テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ(→ラフィーニャ 61)、ラキティッチ(→イニエスタ 46)、A・ゴメス、メッシ、スアレス、ネイマール

セルティック:デ・フリース、ガンボア、ルスティグ、トゥレ、スビアチェンコ(→オコネル 68)、ティアニー、ロバーツ(→アームストロング 68)、ブラウン、ビトン(→マグレガー 76)、シンクレア、デンベレ

[スコア]
バルセロナ 7-0 セルティック

[得点者]
バルセロナ:メッシ(3、27、60)、ネイマール(50)、イニエスタ(59)、スアレス(75、88)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月14日(水)11時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]