ここから本文です

全米女王ケルバーが世界1位に、セレーナの連続座位記録は186週で終止符

AFPBB News 9月14日(水)8時50分配信

(c)AFPBB News

【9月14日 AFP】女子テニスの最新の世界ランキングが12日に発表され、全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2016)で優勝したアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber、ドイツ)が186週間連続で頂点に君臨したセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を抜いて世界ランキング1位に躍り出た。

 同大会準決勝でカロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova、チェコ)に敗れた女王セレーナは2位に転落した。

 10日の決勝でプリスコバを破って優勝したケルバーは、女子テニス界で圧倒的な力を誇ったシュティフィ・グラフ(Steffi Graf)氏以来、ドイツ人女子選手としてはおよそ30年ぶり2人目の世界ランキング1位を達成した選手となった。

 また、全米ファイナリストのプリスコバが11位から6位に浮上した。

 最新のWTAランキングは以下の通り。

1位:アンゲリク・ケルバー/8730ポイント

2位:セレーナ・ウィリアムス/7050ポイント

3位:ガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza、スペイン)/5830ポイント

4位:アニエスカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska、ポーランド)/5815ポイント

5位:シモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)/4801ポイント

6位:カロリーナ・プリスコバ/4425ポイント

7位:ヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)/3815ポイント

8位:カルラ・スアレス・ナバロ(Carla Suarez Navarro、スペイン)/3330ポイント

9位:マディソン・キーズ(Madison Keys、米国)/3286ポイント

10位:スベトラナ・クズネツォワ(Svetlana Kuznetsova、ロシア)/3250ポイント

(c)AFPBB News

最終更新:9月14日(水)8時50分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。