ここから本文です

Appleの特許から。セルラーモデルの新MacBookが着々と開発中か

ギズモード・ジャパン 9/14(水) 13:10配信

驚きの新モデルはこれ?

「MacBook」シリーズのリリースが遅れているようです。出るか出るかと期待されてはいたのに、6月のWWDCでも、今月の「iPhone 7」発表イベントでも、ついに待望の新しい「MacBook Pro」や「MacBook Air」が姿を現わすことはありませんでした。

ところが、Appleが申請していた特許から、なんと4G LTE通信機能を内蔵したセルラーモデルらしきMacBookの登場を示唆する情報が発見され、話題を呼んでいます。実は過去にもSIMカードスロットを内蔵するMacBookの申請特許が見つかりました。まもなく発売か? と予測が流れたものの、いつの間にか消え去ったと考えられてきました。

”(アンテナ部には)携帯電話通信の信号を受信する回路を内蔵できる。低周波数帯の700~960MHz、中域の1710~2170MHz、高周波数帯の2300~2700MHzの無線通信に対応するほか、必要に応じて、700~2700MHz帯のあらゆる周波数の通信をハンドリング可能となるだろう。”

新たにAppleの申請が判明した特許には、MacBookとされるデバイスのヒンジ部へ、スピーカーとともにアンテナ通信機能を内蔵。通常はWi-FiおよびBluetooth通信機能を搭載させるものの、同じスペースに、上記のようなセルラー通信機能の搭載が可能であることが説明されています。外出先では「Apple SIM」をはじめとするデータ通信専用のSIMカードを挿し、MacBookからスムーズにネットへつながる時代がやってくるのかもしれません。

すでにAppleは、キーボードをつないでMacBookライクに使える「iPad Pro」へ、4G LTE通信に対応したセルラーモデルを販売中。そうはいっても、iOSではない、デスクトップのmacOSにて、セルラーモデルを望むユーザーだって少なくないでしょう。今回の特許技術が、本当に製品化まで進むといいですね。

source: The Next Web

(湯木進悟)

最終更新:9/14(水) 13:10

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。