ここから本文です

介護離職を避けられないなら、「社会復帰」の準備も忘れずに

マネーの達人 9月14日(水)5時11分配信

「介護離職をしない」と社会は動き始めていますが、介護離職を避けられない方も多くいらっしゃるのが現実です。平均的な介護の期間は約13年程度といわれています。

働き盛りで介護離職された方は、介護が終了した後は社会復帰のチャンスは大いにあります。今回は介護離職をしてもやがては社会復帰を考えている方へのおすすめの準備をお伝えしておきたいと思います。

介護スタッフを巻き込む

介護離職されても、週に1度は通所介護や介護ヘルパーを利用するようにしましょう。介護離職した方が陥る問題点として、責任感があります。

経済的に不安のある方は週に一回2時間程度だけでも自分の介護には何十倍の助けになります。

介護スタッフは介護のプロです。直接介護に携わる時間が週に2時間程度だったとしても、それ以外の時間の介護方法のアドバイスものもらえるものです。

困っている介護や負担に感じている介護があれば、遠慮せずに聞いてみましょう。介護スタッフもご家族の負担を少しでも軽くしたい、協力したいと考えているものです。

介護に答えはありません。ご家族がやりやすい方法が正解のやり方です。少しプロに聞いただけで日々苦労していたことがストレスフリーになることが多々あります。

やりやすい介護を手に入れることができれば、時間に余裕ができて介護以外の時間に充てられるようになりますよ。

スキルを保つ努力を忘れずに

一般職でも同じですが、特に専門職などでは、例えば10年のブランクがあると10年のベテランの経歴があっても通用しないこともあります。

したがって、以前と同じ職に戻れるかは難しい現状とはなりますが、努力しておくことでブランクを軽くしておくことができます。

介護離職しても、介護が仕事と決めつけずに自分の仕事は別にあるという意識も大きなモチベーションになります。

公的な支援制度を積極的に利用しよう

介護の合間にハローワークなどに足を運び自治体が行っている復職支援セミナーなどの利用や復職支援事業などの情報を集めておくことをお勧めします。

介護をしているご自身と社会復帰を目指しているご自身と並行して過ごすことが大切です。

介護に取られる時間は想像以上に多いものですが、1日の介護を書き出してみると意外と介護しなくても見守りでそばにいれば良い時間が見えてきます。

見守りの時間を利用して、社会復帰のための活動に充てることもできます。もちろん毎日の介護疲れの休息に充てることも忘れてはいけません。

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)5時11分

マネーの達人