ここから本文です

小児がん患者への陽子線治療開始 津山中央病院の治療センター

山陽新聞デジタル 9月14日(水)9時26分配信

 津山中央病院の「がん陽子線治療センター」(岡山県津山市川崎)は13日、小児がん患者に対する初めての陽子線照射治療を行った。1日1回、30分程度の照射を約1カ月半にわたって繰り返し、経過を観察していく。

 陽子線治療は放射線治療の一種で、がん細胞を透過するエックス線と異なり、ピンポイントで病巣を破壊できるのが特長。正常な細胞や臓器への影響が抑えられ、手術のような臓器摘出もないため、成長過程の子どもへの治療に期待が集まっている。費用は照射回数にかかわらず通常288万円かかるが、小児がんについては今年4月から公的医療保険が適用され、患者の経済的負担が軽減された。

 患者は広島県在住の女児で、筋肉などにできる骨軟部腫瘍を骨盤から足にかけて発症。これまで岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で主に抗がん剤治療を進めてきたが、成果が見られないため、陽子線治療に切り替えたという。

 この日は患者の不安を和らげるため、陽子線照射室に縫いぐるみを置くなどして対応。担当した同センターの脇隆博医師(38)は「既に別の小児も診療を待っており、ニーズは高い。子どもたちに、少しでも体に優しい治療を提供したい」と話している。

 センターは、津山中央病院が中四国で初めて整備。岡山大病院と共同運用し、4月から治療を始めている。

最終更新:9月14日(水)9時26分

山陽新聞デジタル

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。