ここから本文です

【映像】畑にヒラリー候補の巨大肖像画 イタリアから快復願う

アフロ 9月14日(水)12時30分配信

イタリア北部ヴェローナ近郊に暮らす「ランド・アーティスト」のダリオ・ガンバリンさんは13日、畑に米民主党大統領候補ヒラリー・クリントン氏の巨大肖像画を描き、応援メッセージを送った。

 ガンバリンさんはトラクターを使い、広大な畑に絵を描く「ランド・アーティスト」で、今までもオバマ大統領やケネディ元大統領などいくつもの肖像画を描いてきた。
 他国ではあるがヒラリー氏を支持するというガンバリンさんは、肺炎で15日まで静養する同氏の快復と米国初の女性大統領誕生を願い、描いたとイタリアの複数メディアに語っている。
 下絵なしで、自身の感を頼りにトラクターで描く巨大アートの制作時間は8時間。ヒラリー氏の肖像とともに選挙スローガンの「You Must, You Can(やるべき、あなたならできる)」を添え、イタリアからメッセージを送る。

 (イタリア、13日、映像:ANSA/アフロ)

アフロ

最終更新:9月14日(水)12時30分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。