ここから本文です

国枝慎吾 五輪3連覇ならず、準々決勝でストレート負け<男子テニス>

tennis365.net 9月14日(水)2時11分配信

リオデジャネイロ・パラリンピック

リオデジャネイロ・パラリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は13日、テニス競技の男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードの国枝慎吾(日本)は第2シードのJ・ジェラルド(ベルギー)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、五輪3連覇とはならなかった。

【王者ジョコ 国枝は「ヒーロー」 】

世界ランク6位の国枝は、北京パラリンピックとロンドン・パラリンピックで金メダルを獲得。今大会は五輪3連覇に挑んだが、この日ジェラルドに各セット47分で奪われ、1時間34分で力尽きた。

ダブルスには斉田悟司とのペアで第6シードで出場しており、ベスト4へ進出している。

tennis365.net

最終更新:9月14日(水)2時11分

tennis365.net