ここから本文です

加藤紗里、“カープ女子”売名批判に反論「6月の時点で優勝すると思ってたし~」

トレンドニュース(GYAO) 9月14日(水)15時16分配信

タレントの加藤紗里が、広島東洋カープのファンを名乗って売名しているとの批判に反論。「そもそもディスってるキミたちはどれくらいファンよ?って感じ~~~」と挑発し返した。

加藤紗里「切ってません縫ってません」>>

お笑いタレント・狩野英孝との交際で注目を集めた“お騒がせタレント”である加藤は、広島出身。カープ優勝の場合は、実家である広島県広島市のステーキハウス「ミディアム」で「ドリンク全部~~紗里のおごり」キャンペーンを実施することを宣言するなど、熱心に応援していた。

だが、9月13日に都内で行ったDVD発売記念イベントでの、カープを意識した真っ赤な衣装や、「(交際したいのは)菊池(涼介選手)!」といった発言が売名だと批判されてしまった。

加藤は翌14日、「カープ女子・カープファンの定義。。。の件」とブログを更新。イベントでの発言に対して「カープ女子を名乗んな!!!」 「キクリンを狙うな!!!」 「売名野郎が~~~!!!」などの批判が寄せられているとして、「なんでやねん!!!」とツッコんだ。

加藤は「紗里、広島出身だし、、、昔から地元で親も周りもカープばっかりだし おばあちゃんに初めて買ってもらった自転車も、、、赤だったし・・・今年もカープの応援行ったし 5回くらい帰ろうかと思ったけど・・・我慢して雨の中でも応援したし 食堂でご飯も食べたし」とつづり、さらに「6月の時点で優勝するって思ってたし~~」とのこと。「広島カープ優勝しちゃうね~~~」と書かれた6月のブログエントリを証拠として挙げている。

加藤は「これ以上カープ女子として、何が必要なのよ~~~」と“カープ女子”を強調し、「そもそもディスってるキミたちはどれくらいファンよ?って感じ~~~選手とか監督とか全部言えちゃう感じ???絶対嘘~~言ってみてよ~~言えないくせに~~~」とアンチを挑発した。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9月14日(水)15時16分

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。