ここから本文です

「ワシ」によるドローン捕獲作戦、オランダでついに始動可能に!

sorae.jp 9月14日(水)13時0分配信

急増するドローン犯罪に対抗するため、オランダ警察が「ドローン捕獲用のワシ」を育成している……というニュースは以前にもお伝えしました。そして1年の期間を経て、とうとうそのワシ部隊を実戦に投入?する準備が整いました!

この計画は、オランダ警察が「Guard From Above」という猛禽類のトレーニング会社と共同で始めたものです。訓練されたワシはドローンの飛行禁止区域にて飛行し、違法なドローンをそのたくましい足で捉えることができます。上のデモ動画をみても、かなりその実用性は高そうです。
 
オランダ警察は要請があれば、このドローンを捕獲するワシをいつでも投入できるとしています。すでに実際に不審なドローンの襲来を想定したデモも行われており、ワシの高いポテンシャルが伺えますね。なんでも、このワシはドローンを「獲物」として認識するようにトレーニングされているそうです。捕獲後にワシが、硬いドローンをつついてしまわないのかな。。
 
またドローンのプロペラによるワシの足への怪我も気になりますが、現時点ではそのような怪我は起きていません。ただし万が一のことを考えて、今後特別な鉤爪用のプロテクターを開発するそうです。
 
ワシやタカの育成では日本も長い歴史がありますが、日本で同様のドローン捕獲ワシが育成されるのか、ちょっぴり気になります。

最終更新:9月14日(水)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]