ここから本文です

乃木坂46の未来が懸かる?“選抜常連”だった卒業生・深川麻衣が女優の道へ

トレンドニュース(GYAO) 9月14日(水)16時1分配信

元乃木坂46の深川麻衣が芸能事務所「テンカラット」に所属したことがわかった。今後は女優を目指すと報じられているが、グループ内でも有数の人気を誇った深川の今後には、ファンだけでなく現役メンバーからも期待が懸けられそうだ。

乃木坂卒業発表…深川麻衣の「教師役」>>

深川は今年6月に静岡・エコパアリーナで開催されたコンサートをもって同グループを卒業した。その後の進路については明確に発表されていなかっただけに、ファンの間では引退説もささやかれたが、田中麗奈や香里奈らも所属する有名事務所「テンカラット」の公式サイトが9月14日、深川が所属したことを発表した。また同日、日刊スポーツのインタビューに対して深川は、今後は女優を目指すと答えている。

深川は1991年3月29日生まれの現在25歳で、2011年に乃木坂46に1期生として加入した。アイドル時代の愛称は“まいまい”と、そして“聖母”。癒やし系の雰囲気で人気を集めた。

乃木坂46の卒業生は多いが、深川はその中でも抜群の人気を誇っていた。選抜メンバー経験回数は実に12回。卒業シングルとなった「ハルジオンが咲く頃」(3月23日発売)ではセンターポジションを担当した。

AKB48グループでは残念ながら、大人気メンバーが卒業後に伸び悩む……というケースも見られる。では乃木坂46の選抜常連メンバーは、卒業後どれだけ活躍できるのか? 深川の女優活動は、もともとの深川ファンだけでなく、グループ全体のファン、さらには現役メンバーからも注目されるだろう。ひょっとすると、深川の今後を自身の卒業への判断材料にするメンバーも現れるかもしれない。ある意味、深川に乃木坂46の未来が懸かっていると言えそうだ。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:9月14日(水)16時1分

トレンドニュース(GYAO)