ここから本文です

韓国の防弾少年団、海外ヒップホップグループ初のアルバム首位 売上も大幅伸長

MusicVoice 9月14日(水)10時44分配信

 韓国の男性7人組ヒップホップグループ・防弾少年団の日本における2ndアルバム『YOUTH』(9月7日発売)が発売初週に7万6000枚を売り上げ、19日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=9月5日~11日)で初登場1位を獲得。海外ヒップホップグループとしては、2001年4月30日にジャンル別ランキングが発表開始されて以降、初のアルバム1位獲得となる。

 防弾少年団にとって、国内盤・輸入盤含めて初のアルバム1位作品となった今作は、これまでの獲得最高位だった日本1stアルバム『WAKE UP』(2014年12月発売)の3位を上回るとともに、同じく『WAKE UP』の累積2万8000枚を初週で大きく超える好セールスとなり、アルバム自己最高売上を記録した。

 今夏には、大阪、名古屋、東京で来日ツアーを成功させ、勢いづく防弾少年団。今作には、最新シングル「RUN-Japanese Ver.-」(2016年3月発売、最高2位)や、初のシングル1位獲得作品「FOR YOU」(2015年6月発売)なども収録されている。

最終更新:9月14日(水)10時44分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。