ここから本文です

ザ・ビートルズ、最新ライヴ盤初登場3位 海外勢ライヴ盤2年ぶりTOP10入り

MusicVoice 9月14日(水)11時5分配信

 英ロックバンド、THE BEATLES(ザ・ビートルズ)の最新ライヴアルバムで、世界同時発売となった『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』(9月9日発売)が、発売初週に2万1000枚を売り上げ、19日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=9月5日~11日)で3位に初登場した。

 ザ・ビートルズによる唯一の公式ライヴアルバムとして、1977年にアナログ盤で発売された、邦題『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』(1977年5月発売、最高1位、LPとカセットの累積18万7000枚)の音源に未発表4曲を加え、最新のデジタル技術をもってアビイ・ロード・スタジオで念入りなリミックスとリマスターを施した今作は、初のCD化となる。

 海外アーティストのライヴ盤によるTOP10入りは、同じくザ・ビートルズのスタジオ録音によるライヴ盤『オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』(2013年11月発売)が、2013年11月25日付で3位を獲得して以来2年10カ月ぶり。

 また、ザ・ビートルズのライヴ盤によるTOP10入り作品数は、前出『ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!』(LP)と、『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』(1994年12月発売、最高9位)、前出『~ザ・BBC Vol.2』に続いて通算4作目となる。

最終更新:9月14日(水)11時5分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。